何千人ものブロックチェーン業界の参加者が「ブロックチェーンウィーク」のためにニューヨークに足を踏み入れる数日前に、財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)は仮想通貨とマネーロンダリング防止規則に関するガイダンスを発行しました。ガイダンスは、マネーロンダリング防止の遵守の重要性に関する唯一の警告ではありません。2つの異なる仮想通貨交換者がマネーロンダリング防止規則を遵守できなかったという最近の2つの執行措置の直後に、このガイダンスが登場したのは、偶然の一致ではなかったでしょう。FinCENが1つの執行訴訟を開始し、司法省(DOJ)がもう1つの訴訟を開始し、後者は2年間の投獄と823,357ドルの没収をもたらした。

コンプライアンスが重要であるというメッセージに疑問がある場合は、そのメッセージはブロックチェーン・ウィークの初日に、米国財務省のテロ・金融情報局の秘書室であるSigal Mandelkerによって繰り返し発表されました。個人または事業体が仮想通貨伝送の事業として従事している場合、その個人または事業体は一般的に(特定の例外がない場合)1)金融サービス事業としてFinCENに登録する必要があります。2)資金がマネーロンダリングおよびテロ資金供与を促進するために使用されるのを防止するように設計されたマネーロンダリング防止プログラムを開発、実施、および維持する。3)疑わしい活動報告書および通貨取引報告書の提出を対象とする記録管理および報告方法を確立する。

FinCEN 2019ガイダンス

これらの要件は、2011年以来、FinCENが「定期的にまたは組織的または認可されたビジネス上の問題としてであろうとなかろうと、ビジネスを行っている場所にかかわらず「送金者」として機能する、すなわち送金サービスを提供するか、または資金の送金に従事する者。しかし、2013年にFinCENの2011年の規則が仮想通貨伝送サービスを提供したり仮想通貨の譲渡を行ったりする個人にも同様に適用されることが正式に通知されたのは、2013年にFinCENがガイダンスを発表するまではなかった。

「管理者」または「交換。」:2013ガイダンスが述べFinCENは、マネーサービス事業であると考えてしまうこれらの個人または団体の二つのカテゴリーセットの発行にビジネスとして従事する人はA(循環に入れて)アン「管理者」されます「交換者」とは、仮想通貨を実通貨、資金、または他の仮想通貨と交換することで事業として従事している人のことです。

新しいFinCEN 2019ガイダンスでは、FinCENの仮想通貨に関する既存の法的枠組みを要約した後、FinCENはその枠組みをいくつかの仮想通貨ビジネスモデルにどのように適用するかを説明しました。頻繁に個人または実体があるかどうかの決意やマネーサービス事業の事実-特定の性質を強調し、FinCENは、以下が一般的に事業の種類の一つであることが示されないマネーサービス事業として登録する必要があります。

ピアツーピア(P2P)交換機。
ホステッドデジタルウォレットプロバイダ
匿名化サービスプロバイダ
仮想通貨の支払い処理者
買い手と売り手を自動的に一致させる仮想通貨交換。
デジタル財布をホストするマイニングプール。
フィアット通貨または仮想通貨を受け入れて送信する分散アプリケーション(dApp)。
FinCENはまた、一般的にマネーサービス事業として登録する必要がない多くの仮想通貨ビジネスモデルに、その法的枠組みをどのように適用するかについても説明しました。繰り返しますが、個人または事業体がマネーサービス事業であるかどうかについての決定の事実特有の性質を強調して、FinCENは、以下の種類の事業はしばしばそうではないと指摘しました:

ホストされていないデジタルウォレットプロバイダ
匿名化ソフトウェアプロバイダ
買い手と売り手がお互いを見つけることしかできないP2P仮想通貨取引プラットフォーム。
デジタルウォレットをホストしないマイニングプール。
フィアットや仮想通貨を受け入れたり送信したりしない、またはマネーサービス事業としての登録の免除に頼ることができるdApp。
FinCENは、指針の中で、規制上の調査は事実に固有のものであるだけでなく、事業の活動や事業の製品の機能が変われば事業の分類も変わる可能性があると繰り返し述べた。

上記のビジネスモデルの1つ以上に該当する事業を形成しようと考えている、または現在事業を行っているブロックチェーン業界の参加者は、FinCENのガイダンスを慎重に検討する必要があります。 彼らはまた、FinCENは、常に個人またはエンティティがに従事されている実際の活動になりますことを覚えておいてください。FinCENはその指針に記載されている特定の活動からどれ出発はお金サービス業としてその個人のまたはエンティティのステータスを変更することができます。

連邦の反マネーロンダリング規制当局による最近の行動

FinCENが最近のガイダンスを発表する前に、DOJはJacob Burrell Campos(Mr. Burrell)に対して訴訟を起こしました。無許可の送金事業を運営しているとのBurrell氏に対するDOJの訴訟は、2年間の懲役刑と823,357ドルの違法な利益の没収をもたらした。 別に、FinCENはEric Powers(Mr. Powers)に対して別の訴訟を起こした。 Powers氏は、マネーサービス事業として登録し、適用されるマネーロンダリング防止の義務を遵守しなかったとして、彼に対して35,350ドルの民事罰を課した。これらのアクションは、マネーロンダリング防止法に関係なく、仮想通貨を送信する個人や企業へのリスクを強調表示します。

FinCENの新しいガイダンスに記されているように、Burrell氏やPowers氏のようなP2P交換者は一般に、ほとんどの場合、「送金サービス」、すなわち一人の人からの資金の受領および資金の送金として認められるサービスを提供します。他の場所や人への何らかの手段による。 バレル氏およびパワーズ氏は、他者に送金サービスを提供する事業を営んでおり、以下に説明するように、マネーサービス事業としてFinCENに登録することおよびマネーサービス事業に適用されるマネーロンダリング防止義務を遵守することに失敗した。

Mr. Burrell:2016年の終わりから2018年の初めにかけて、Burrellは米国で数十万のBitcoinを数千の顧客に販売しました。彼は自分の事業をLocalbitcoins.comに宣伝し、電子メールとテキストメッセージを通して(暗号化された手段も含む)顧客とコミュニケーションをとり、ビットコインの一般的な為替レートを米ドルに上回る5%の手数料を請求した。Burrell氏は、全国のATMやMoneyGramを介して、「質問なしで」顧客の固定通貨をそのまま受け入れます。彼の事業を運営する上で、Burrell氏はまた、通貨の報告要件を回避するのに十分な小さい増分で、100万ドルを超える米ドルのメキシコから米国への送金を促進しました。
Mr. Powersの物語:2012年12月から2014年9月まで、Powers氏は、同様に他の人との間でBitcoinを売買する、マネーサービス事業として2,000件近くの取引を行った。彼は、bitcointalk.orgとbitcoin-otc.com上の彼のサービスについて投稿クライアントはシルクロード上でビジネスを行うに百以上の取引に関連するビットコイン財布アドレスを持っていた、およびオニオンルータ(TOR)を使用してクライアントを持っていた、アクセスする方法ユーザーの所在地と身元を隠す匿名トレントサービスを介したダークネット。パワーズ氏は、郵便で、または預託機関を通じて電信で、実際にフィアット通貨を引渡または受領する。彼はまた、他人に代わって暗号交換で取引する意思があると自負しました。
Burrell氏もPowers氏も、これまでマネーサービス事業としてFinCENに登録したり、アンチマネーロンダリングコンプライアンスプログラムを採用したり、「顧客を知っている」アンチマネーロンダリングやその他のチェックを顧客やその他の団体に対して行ったことはありません。彼らの資金。

結論

現時点で、連邦のマネーロンダリング防止規制当局が仮想通貨を送信している個人または団体を、平等通貨を送信している個人と同じ方法で扱うことは秘密ではありません。サンディエゴの国土安全保障調査担当の特別代理人はFinCENのガイダンスに反論し、バレル氏の判決中に、マネーロンダリング防止法は「他の種類の金融取引と同様に暗号通貨取引にも適用される」と述べた。 FinCENの最新のガイダンスとこれらの最近の行動は、DOJとFinCENの両方が彼らの言葉の背後にリソースを置き、マネーサービス事業を適用するマネーロンダリング防止法を施行していることを示しています。

個人または団体が他の人に送金サービスを提供することにビジネスとして従事している場合、送金される資金が仮想通貨であっても平通貨であっても、その個人または団体はFinCENにマネーサービス業務として登録する必要があります。また、その他の該当するマネーロンダリング防止義務を遵守する必要があります。仮想通貨業界でマネーロンダリング防止のコンプライアンスがより一般的になるまで、仮想通貨を送信する個人や企業が同様の執行措置に巻き込まれることが予想されます。これは特に、最近のガイダンスによって証明されている、マネーサービス事業登録を必要とするさまざまなビジネスモデルについてブロックチェーン業界に知らせるためのFinCENの継続的な努力を踏まえています。