東京 – 主要20経済圏のグループは、通貨通貨交換のレジストリを作成することで合意に達すると見込まれており、マネーロンダラーによって悪用される可能性のある規制パッチワークに対処するための監視を強化しています。

6月8日から9日にかけて福岡市で開催された会議で、資金担当大臣と中央銀行関係者が、マネーロンダリングや顧客保護など、デジタル通貨を取り巻く課題について話し合う予定です。

仮想通貨は銀行を通らずに国境を越えた取引を可能にします。しかしこの便利さは、彼らが違法資金やロンダ資金の振替によく使われることを意味します。特にいくつかの通貨は非常に匿名で過去の取引までさかのぼることができません。

今年のG-20開催国である日本は、これらの文書を制限することで主導権を握りました。この国は、2017年4月に暗号通貨交換のためのレジストリを最初に作成しました。また、ハッカーがコインチェックから5億ドル以上を盗んだ後のように、規制の執行経験もあります。

しかし、すべての国が同じページにあるわけではありません。たとえば中国は、暗号通貨取引を完全に禁止しています。そして、トレーダーがより緩やかな規則で国に移動するだけでは、厳しい規制は意味がありません。

各国が違法行為を抑制するために協力するのを助けるために、4月に国際通貨規制当局である金融安定委員会が暗号通貨規制当局のディレクトリを公表し、それをG-20に提出する予定です。

ファイナンシャルアクションタスクフォースは2018年10月に仮想資産サービスプロバイダーは反マネーロンダリング規制に従うべきであると言っていました。政府間の政策決定機関は声明の中で、「彼らは免許を取得するか登録し、遵守を確実にするために監視を受けるべきだ」と述べた。