政府は、仮想通貨両替サービス事業者の管理やそのような通貨の取引を厳しく管理するために、暗号通貨の規制を強化してきた。

金曜日に、決済サービス法と金融商品取引法の改正法案が総会で承認された後、法案に採択されました。

改正法は1年以内に施行される予定です。ほとんどの仮想通貨取引は投機目的で行われており、暗号通貨が漏洩するケースが相次いでいます。

改正法が顧客を保護することを期待して、政府は不正取引の監視を厳しくする。

埼玉県在住の34歳の男性が、暗号通貨に不信感を抱いていると述べた。安全性を維持し、投資家を保護するための従来のシステムでは不十分です。私はまだ安心感のある仮想通貨を使用することはできません」と彼は言った。

彼らは多くの注目を集めていて、価格が上昇し続けていたとき、男性は2017年の終わりに暗号通貨で取引を始めました。その後、彼は主にその価値の低下により約200万円の損失を被りました。

金融庁は2017年4月に、他の国に先んじて暗号通貨交換サービス事業者のための登録システムを導入しました。

これは政府が新しい支払い手段として暗号通貨に公式の承認印を与えているという印象を与えました。そして、それはますます多くの新規参入者と共に市場の急速な拡大をもたらしました。

「暗号通貨」という用語は、個人投資家にも描かれています。オブザーバーは、彼らが発行する国から信頼の空気を運ぶ円、ドルおよび他の合法通貨と同じであると考えて、多くの人々が暗号通貨で取引を始めたと言いました。

改正されたペイメントサービス法では、政府は法定通貨との混同を避けるために、仮想通貨または暗号通貨という用語の使用をやめて、管理およびその他の手続きのための包括的な用語「暗号資産」に統合する予定です。「暗号資産」とは、暗号化を使用した仮想通貨の保管および管理を指します。政府は、暗号資産が合法通貨ではないことを明確にするつもりです。

改定された金融商品取引法では、最大の取引可能額が元の投資額の数倍を超えないように規制され、投資家への損失のリスクが軽減されます。政府は1年以内に法律の改正の詳細を発表する予定です。

落下したオペレーターの数

政府は、顧客の資産をサイバー攻撃から保護することで顧客の資産を管理するために、暗号通貨交換サービス事業者にインターネットアクセスの遮断を義務付けています。多くの事業者が顧客の預金を十分に管理できていないため、これらの措置が取られるでしょう。

東京都港区で家計簿アプリを運営しているMoney Forward、Inc.は4月、暗号通貨交換事業者としてのFSA登録のための努力を停止することを決定したと発表した。

FSAが一連の漏洩事件の後に多くの事業者に業務改善命令および他の命令を与えた後、そのシステム管理および他の運用のコストが著しく増加したので、この決定は起こります。

「2年前、数億円で事業を開始することは可能でしたが、現在では事業を開始するのに20億円から30億円を要するようになりました」と、情報筋は述べています。

2018年2月の時点で、FSAが特別なケースとして事業を行うことを許可したものを含む32の交換サービス事業者がいたが、その数は金曜日の時点で20に減少した。

世界の暗号通貨の市場価値は、金曜日の2018年1月のピーク時の約8,000億ドルから、金曜日の時点で約2,600億ドル(約28兆円)まで下落しました。

最初は、暗号通貨が支払い手段として注目を集めていましたが、このシステムを使用している人は多くありません。

「一般的な暗号通貨であっても、ピーク時の1日の使用量は、全店舗の総売上の1%未満でした」と、大手家電量販店の関係者は述べています。