暗号通貨の数と使用の増加にもかかわらず、そのような暗号取引の連邦所得税に関連して、現在までのところ、国内歳入庁(IRS)によって提供されるガイダンスは比較的わずかです。2014年に戻って、IRSはNotice 2014-21を発行しましたこれは、いくつかの基本的な問題、特に通貨(暗号化されたサークルでは「平凡な通貨」)ではなく、連邦所得税を目的とした資産としての暗号化通貨のステータスの確認など、いくつかの基本的な問題に対処しました。仮想通貨が商品やサービスとやり取りされたり、他の形式の暗号や脂肪と交換されたりした場合、そのようなやりとりは課税対象のイベントと見なされます(利得測定)。米ドル( “USD”)で表記)IRSはまた、本指針において、暗号の交換で認識される損益の性質は、保有者の暗号保有期間および保有者がその暗号を資本資産として保有しているかどうかを含む一般的な連邦税原則に基づいていると述べた。

Notice 2014-21に記載されている基本的なガイダンスにもかかわらず、暗号で納税者の基準を決定する方法を含め、重要な問題の連邦税の問題は未解決のまま残されました。米ドル)。たとえば、暗号が複数の取引所で取引されている場合、暗号は特定の取引所に応じて、特定の時点での平日に対する為替レートが異なる場合があります。そのようなときに暗号が交換された場合、納税者はどの参照価格が公正な市場価値であると判断するのでしょうか。さらに、納税者はさまざまな日に同一のコインを蓄積している可能性があります。そのような代替可能な硬貨の一部が課税取引で処分さ​​れる場合、納税者は処分された硬貨に総額基金をどのように割り当てるべきですか?例えば、納税者はFIFO(先入れ先出し)、またはLIFO(後入れ、先出し)のいずれを使用しますか。代替可能な多くの株式に適用されるような特定の識別原則が仮想通貨で利用されることがありますか?これらおよびその他の税務上の問題は、今日まで未解決のままです。

最近、IRSは追加のガイダンスが近づいていることを示しました。具体的には、IRS長官Charles Rettigが手紙を出しました議会のBlockchain Caucus議員であるTom Emmer議員に、IRSが近いうちに暗号通貨取引の連邦税の扱いに関する追加のガイダンスを発表することを示唆している。暗号取引の税務上の取扱いに関する追加のガイダンスを求めるEmmer議員の要求に応えて、Comm。Rettig氏は次のように述べています。「納税者は仮想通貨取引の課税に関連する基本的な問題を明確にするに値し、ガイダンスを発行することをIRSの優先事項としてきました。具体的には、あなたの手紙には、(1)コストベースを計算するための許容できる方法が記載されています。(2)許容できる原価基準の割り当て方法 (3)フォークの税務処理。我々はこれらの問題を検討しており、これらおよび他の問題に対処するための手引きを近いうちに公表するつもりである。」

このガイダンスがいつ発表されるのか、またそれが通知、規則案などの形で発表されるかどうかについては、何も語られていません。