5月31日には、日本の衆議院は、改正 2つのcryptocurrency関連の法律、2020年4月に 決済サービス法と金融商品取引法が施行されます

彼らはより多くの機関投資家が暗号業界に参加することを期待しているので、ほとんどの日本の暗号交換は変更を歓迎しています。しかし、他の人たちは、その変更がカストディアンやウォレットサービスプロバイダーに不確実性をもたらすかもしれないという懸念を表明しました。

2つの文書はいくつかの特定の変更を概説しており、それらは別々に議論することができます。

支払いサービス法(PSA)
暗号資産への仮想通貨
新法は「仮想通貨」という用語を改訂し、「暗号資産」は暗号通貨を記述するために使用するより良い用語であると述べています。G-20などの国際会議で「暗号資産」がより頻繁に使用されるようになったため、変更が行われました。一方、「仮想通貨」の使用は、クリプト通貨が平等通貨に関連したのと同じ地位を機能するか保持すると一般の人々を誤解させる可能性があります。ただし、この変更は、取引所やメディアによる実施を強制するものではありません。

保管サービスの厳格な制限
文書によると、カストディアンサービスプロバイダは、現在、ユーザーの暗号資産の漏洩やマネーロンダリング/テロ資金調達など、交換と同じリスクに対する説明責任のレベルを共有する必要があります。そのため、カストディアンは、暗号交換や取引サービスを提供していなくても、金融サービス庁(FSA)に登録する必要があります。

現在のところ、明確ではないケースについての具体的なガイドラインはありません。しかし、統治機関は状況を明らかにするためにさらなる情報を公表する可能性が高い。

交換機は暗号の保存方法を変更する必要があります
2020年4月以降、日本で営業している暗号取引所は、ユーザーの資金を自分のキャッシュフローとは別に管理する必要があります。これは、ユーザーの金銭を保持するために第三者の事業者を見つけることを意味します(これは信託会社またはその他の類似の事業体です)。

ユーザーのお金を管理するときは、コールドウォレットなどの「信頼できる方法」を使用する必要があります。ホット・ウォレット・システムなど、他の方法で取引所がユーザーの保管している暗号通貨を管理する場合は、ユーザーの暗号資産と「同種、同量の暗号資産」を保持する必要があります。これにより、資金がプラットフォームから盗まれた場合、取引所はユーザーに返済することができます。

匿名コイン
改正法では、まだ匿名の暗号通貨や、moneroやzcashなどのプライバシーコインを直接規制していません。3月15日、金融庁は、彼らの取引記録が追跡可能ではないため、マネーロンダリングに容易に使用される問題のある暗号資産を扱うと述べた。当時、当局は匿名コインを「問題のある暗号資産」と呼んでいました。しかし、法案に匿名コインを含めることで、FSAが暗号領域のこの領域を実際に規制することを計画しているかどうかに関する憶測が緩和されました。また、最近の報告書は、日本でのマネーロンダリングが増加していることを強調しています。

Cointelegraph が以前に報告したように、2019年5月に、日本は匿名の硬貨を通してマネーロンダリングと戦うためにしばらくの間働いていて、彼らのユーザーベースに貿易のためにこれらの硬貨を提供した交換に検査を課しました。

金融商品取引法(FIEA)
STO
改訂されたFIEAの文書では、初期コインの提供(ICO)およびセキュリティトークンの提供(STO)がFIEAの下で規制されることを定義するために、電子的に記録された譲渡可能な権利(ERTR)の概念が導入されました。ERTRとは、利益を見込んで発行されたトークン(つまりセキュリティトークン)のことです。

以下の3つの要件が満たされた場合には具体的には、STOSの下で発行されたトークンは、日本の法律事務所によると、ERTRsを構成することができるアンダーソン・毛利・友常法律事務所:

(i)投資家(すなわち、権利者)が現金またはその他の資産を事業に投資または寄付すること。

(ii)投資家によって寄付された現金またはその他の資産が事業に投資されている。

(iii)投資家は、事業への投資から生じた利益または資産の配当を受け取る権利を有する。

特に、ERTRはFIEAに基づいて規制されますが、PSAのガイドラインに従って、正式な用語「暗号資産」の使用から除外されています。

デリバティブ
2020年4月以降、暗号資産デリバティブ取引はFIEAの下で規制される予定です。日本の主要な自主規制機関である日本仮想通貨交換協会(JVCEA)は、証拠金率を4倍以下に制限することを提案するガイドラインを設けていますが、法律は証拠金率を指定していません。

Anderson Mori&Tomotsuneレポートは、JVCEAのガイダンスは「関連する内閣府命令により特定の規定が公布される場合に考慮される可能性がある」と述べています。その後、正確なレベルは将来決定される可能性があります。

「内閣府の命令は、法律が実際にどのように執行されるのか、そして5月31日の2つの法律の改正後に日本の暗号業界が注意を向けていることを決定する」と述べた。

暗号取引の80%はデリバティブからのものであるため、デリバティブ取引に明確な規制を導入することは急務である可能性がありますが、それはほとんど規制されていません。日本仮想通貨交換協会(JVCEA)のデータによると、暗号のレバレッジ取引、マージン取引、先物取引の取引高は、2017年4月から2018年3月までの日本のスポット取引の取引高をはるかに上回っています。

日本の暗号デリバティブ市場:取引量の80%以上

禁止事項
FIEAは、誰かが噂の流布、暗号資産に関する売買または購入もしくは任意の暗号資産デリバティブ取引への関与などの目的での詐欺的手段の使用などの行為を禁じています。

Anderson MoriとTomotsuneは、統治機関による法律違反となる可能性のある分野を明らかにしました。

(i)偽の販売および購入に関与する。
(ii)共謀的な売買を行う。

(iii)偽の売買または共謀的な売買の受託を受託または受領すること。

(iv)実際の売買を通じて市場操作を行う。

または
(v)表現および特定の同様の行為を通じて市場操作に従事する」

市場の反応はさまざまです
「日本は暗号規制をリードしています」
Cointelegraph Japanが連絡したほとんどの日本の暗号交換は新しい法律について積極的に話しました。

フィンテック企業QuoineのCEO室長である今野克也氏は、その変更を歓迎し、改正された法律は顧客保護を強化し、より多くの機関投資家が暗号業界に参入することを奨励すると考えています。彼のコメントの翻訳によると、彼はCointelegraphに語った。

「率直に言って、すばらしいと思います。改訂された内容により、顧客保護はさらに追求されるので、日本は仮想通貨関連規制の世界的リーダーになることができ、機関投資家の参入も増加すると思います。STOのような新たなイニシアチブが可能になりつつあるので、仮想通貨と既存の金融との間の境界はますます重なっているかもしれません。」

報じられたように、Quoineの取引プラットフォームであるLiquidは、2019年4月に10億ドル以上の評価でユニコーンの地位を築いた。

日本のもう一つの暗号交換所であるBitPointも新しい法律を称賛しました。同取引所のスポークスマンは、翻訳でCointelegraphに語った。

「私たちはとても前向きです。明確な規則が機関投資家の参入を助け、市場の拡大につながると期待されています。」

BitPointはまた、より多くの機関投資家が暗号の動きに参加し、暗号のルールが明確になるにつれて市場がさらに拡大することを期待しています。しかし、コールドウォレットの使用を伴うセキュリティと、よりユーザーフレンドリーではあるが安全性の低いホットウォレットとの適切なバランスをとるために、ウォレット管理システムの見直しを行う必要があると取引所は認めています。そのためBitPointは、フィアット通貨を信託会社に委託し、金融商品取引業者の免許を取得することを目指します。

一方、ちょうどCoincheck、取得した 1月に金融庁からの交換ライセンスは、新しい法律はそれが期待何か、また追加されていることを翻訳した電子メールに書いています:

「現在の法改正を通じて規制の目標と基準を明確にすることで、それが暗号通貨業界の健全な発展につながると私たちは信じています。一方で、暗号資産への変更という言葉が、支払い手段としての暗号通貨の後退につながる可能性があるという懸念もあります。それが起こらないようにするために、業界として努力したいと思います。」

取引所はまた、法律が実際にどのように執行されるのかを決定する内閣府の命令を綿密に監視することになるだろうとも述べている。

財布メーカーのあいまいさ
AndGo Cointelegraph日本に話すとき、日本製のハードウェアおよびおサイフケータイ開発会社は、新しい法律では、いくつかの「あいまいさ」を概説しました。

AndGoは2種類の財布メーカーがあることを指摘します。一つは顧客の資産を動かすことです。交換の場合と同様に、カストディアン財布と見なされ、FSAに登録する必要があります。他のタイプは、クライアントの秘密鍵を所有していないため、クライアントの資産を移動できません。新しい法律は後者のタイプには適用されません。

AndGoがこの問題を説明したように、その財布は2番目のタイプのものなので、新しい法律の対象となるべきではありません。ただし、(multi-sigと同様に)秘密鍵の1つと、クライアントが自分のパスワードを設定して暗号化する秘密鍵を保持している場合については、法律では明らかになっていません。そのような場合、財布製造者は自分の意志だけで顧客の資産を動かすことはできません。AndGoとの通信の翻訳によると:

「この規則の詳細と解釈は曖昧であることが多く、将来的には財布運営者は灰色の部分について個別に金融庁に問い合わせる必要があると思います。」

しかし、AndGoは、規制当局が急速な技術革新のスピードに追いつくことはあまりないと次のように述べています。

「起業家は何年も先を見越してサービス製品を開発していますが、規制当局は何年も前にリリースされたテクノロジとサービスに焦点を合わせています。」

しようとした後、先に取得した暗号規制で、日本が目撃二つの主要なハックを 2018年の保護暗号顧客や投資家には、優先順位となっている、と規制を遵守するための十分な資金を持っている人は、有利にあってもよいです。これとは対照的に、暗号起業家が業界に参入することはより困難になるかもしれません。FSAは、Cointelegraph Japan(英語に翻訳)へのコメントで、懸念のいくつかを取り上げた。

「私たちは、顧客保護とイノベーションのバランスが重要だと考えています。業界をさらに成長させるには、それが過大にならないようにしながら、適切な場合は、顧客保護およびその他の規制を優先します。

施行日の前に、金融庁は内閣府令を含む政府の命令を発表する予定であり、内閣府令は法律の施行方法を決定します。同時に、それは、実施の1か月前に、命令に関してそのウェブサイト上でパブリックコメントを求めるでしょう。金融庁が政府の命令に何を含めるかはまだ明らかではありませんが、そのうちの1つは証拠金取引のレートについてであると予想されます。

さらに、金融庁によれば、日本の新法の多くの要素が最近発行されたIOSCOの文書に含まれており、それは暗号規制をめぐる議論の中で今後のG-20会議で使用されるでしょう。金融庁は、「日本の経験をG20加盟国と共有し、相互理解を深めたい」と望んでいる。