日本は2020年4月からの仮想通貨の代わりに、パスワードの資産(暗号資産)に名称を変更します。

先月31日、金融商品取引法・決済サービス法改正案(以下改正資金決済法)が参議院を通過しながら、単純に名前だけ変えることがなく、投資家の保護から取引所までパスワード貨幣市場を管理・監督することができるよう制度圏進入を仕上げました。

これで日本は2017年のビットコインを世界で初めて合法資産と認め国で2020年4月からの規制ではなく技術革新、制御の代わりに監督として市場を認めた最初の国となる。

2018年G20前後「パスワード資産」という名称が国際的な標準とのキャッチ始め、日本の財務実績、金融庁は「仮想通貨」が、様々な資金洗浄罪の温床になることができると判断して、制度圏進入を準備した。

2018年1月、日本最大パスワード貨幣取引所「コインチェック」ハッキング580億円(約5800億ウォン)が無断で流出した事件が発生したことも制度圏進入を引き起こした。

2018年3月19〜20日、
日本の財務省は「2018 G20財務相・中央銀行総裁会議」共同声明を通じて「パスワードの資産」に言及した。また、既存の仮想通貨が資金洗浄やテロ資金として活用されるおそれがあると強調した。

金融商品取引法・決済サービス法改正案の説明資料の一部/資料=日本の金融庁
2018年11月30日〜12月1日
、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたG20首脳会議の共同宣言文によると、パスワードの資産」という言葉が国際会議で登場した。<非子供ニュース>が外交部の「2018 G20ブエノスアイレス首脳会議の共同宣言文」を確認した結果、既存の主要な議題項目の金融部門の技術の発展の条件にパスワード資産という言葉が合計2回登場する。

これにより、韓国も国際会議で「パスワードの資産」という言葉の存在を知っていた。日本は同年3月に「2018 G20財務相・中央銀行総裁会議」共同声明を通じて「パスワードの資産」に言及した後、もう一度強調した。

2018年12月21日
G20の共同宣言文を根拠に3週間後、日本金融庁は「仮想通貨の交換事業に関する研究会(原文、仮想通貨交換業等に関する研究会)」報告書を通じて言及する。まだ議決される前と2018年12月21日、日本政府のガイドラインは、仮想通貨(仮想通貨)だったが、報告書を使用してパスワードの資産を再確認させる。

2019年3月15日
、日本政府は、仮想通貨を規制することができる改正資金決済法を議決しながら呼称の変更も含める。当時、日本政府は、国際的な動向を考慮して決定した事案だと述べている。結局、国際的な動向は、「2018 G20ブエノスアイレス首脳会議」であったとみられる。

「2018 G20ブエノスアイレス首脳会議の共同宣言文」の英語版を確認した結果「crypto-assets」という単語を確認した。これは「crypto asset」の複数形で、既存の国際的に使用される「crypto currency」から「currency」の代わりに「asset」という言葉を使用した。

以前まで日本は韓国のように、仮想通貨(virtual currency)で呼んだが、「crypto-assets」をもとに、仮想の通貨という言葉をすべてなくすことで、国際標準に準拠するために準備していたわけだ。