ビットコインが1千万ウォンを超えるなど、パスワード貨幣市場が急騰する中、政府が仮想通貨(パスワード貨幣)は、法定貨幣ではなく、投資の責任は全面的に本人にという立場をもう一度強調した。市場の状況を監視し、投資家の被害を防ぐことができる方案も講じという方針だ。
28日、政府は、国務調整室長の主宰で、企画財政部、法務部、金融委員会など関係省庁の関係者が出席した中で仮想通貨市場の動向をチェックする会議を開いた。最近の代表的な仮想通貨ビットコインの価格が1千万ウォンをめくりながら仮想通貨市場が揺れクチナシ対策作りに乗り出したのだ。

政府は、仮想通貨市場の状況を綿密に監視し、投資家の被害が発生しないように積極的に対応していく方針だ。相場の上昇に便乗した詐欺やマルチレベルなどの不法行為は、剣・経過金融当局などを通じて厳正取り締まりするという意味も伝えた。