ブロックチェーンの企業がソーシャルネットワークサービス(SNS)事業に足を伸ばしている。本格的なSNS企業フェイスブックも、独自の仮想通貨の開発を積極的に推進し、SNSやブロックチェーンの技術を組み合わせせようとする試みが拡大している。

2日(現地時間)、ブルームバーグによると、仮想通貨イオス(IOS)の開発会社であるブロックウォン(Block.one)は1日SNSプラットフォーム「ボイス」の発売を発表した。ボイスは、利用者が自分のコンテンツを投稿・共有・広報するイオスをベースにしたブロックチェーンの技術を使用する予定である。

ブロックチェーンと仮想通貨をSNSに組み合わせせようとする試みは今回が初めてではない。カナダのスタートアップであるキックインタラクティブ(Kik Interactive)は、自社が開発した仮想通貨「キーンコイン」を活用して、メッセンジャーサービスを運営する。利用者がキーンSNS内で活動するようにコインを報酬として受けて、これを活用して、プラットフォーム内のさまざまな商品やサービスを購入するために使用することができる。「スチームイッ」もユーザーがコンテンツを上げれば、コンテンツの補償を仮想通貨で受け取ることができるSNSだ。

ブルームバーグは、これに対して、「SNSとブロックチェーンを連携する利用者は、自分のコンテンツについて、より大きな権限を確保することができる」と説明した。フェイスブックなどの既存SNSは利用者のコンテンツや個人情報を活用したビジネスモデルを利用してきたが、これを無断で第三者に渡すなどの個人情報保護の問題が浮上した。しかし、ブロックチェーンは、その構造上、セキュリティが徹底して情報を活用するための記録が残って自分の情報がどのように活用されるかを把握しやすい。

ブランドンブラーマーブロックウォン最高経営責任者(CEO)は、「既存のSNSは、ユーザーではなく、プラットフォームが補償される構造」とし「ボイスは価値のあるコンテンツについて、プラットフォームとユーザーの両方が利益を見ることができる」と強調した。

フェイスブックも自社SNS内の金銭取引や商品の購入に使用するブロックチェーンベースの仮想通貨を開発中である。価格変動を最小限に抑えるため、仮想通貨がドルの価値を持った「ステイブルコである「形式を取る予定である。フィナンシャルタイムズ(FT)は、この日、Facebookが米先物取引委員会(CFTC)と仮想通貨の発行についての議論を開始したと報じた。Facebookは最近、米財務省も仮想通貨の開発状況についての資料をノムギギドた。

しかし、ブロックチェーンとSNSの組み合わせが成功するかはまだ未知数だ。発売初期脚光を浴びた蒸気イド財政難に苦しむ者、最近人材の70%を解雇するなどの緊急構造調整に入った。ブロック員の資産は、30億ドル規模で、果敢な投資を介して蒸気相次いより成功する可能性が高いとブルームバーグは予想した。

仮想通貨の拡散への懸念もまだ出てきている。トビアスエイドリアン国際通貨基金(IMF)通貨資本市場局長は先月、「ステイブルコ人は急速に普及しするものであり、これは深刻な(金融不安定)リスクを伴う」とし「IMFがこれ監視しなければならない」と強調した。