コンピュータなどの情報の形で残って実物なくサイバー上でのみ取引されている電子マネーの一種で、各国政府や中央銀行が発行する一般的な貨幣とは異なり、最初に考案した人が定めたルールに基づいて価値が付けられる。紙幣・コインなどの実物がなく、オンラインで取引されている貨幣をいう。海外では、序盤目に見えず、コンピュータ上に表現されている貨幣として「デジタルマネー(Digital Currency)」または「仮想通貨」などで呼んだが、最近は暗号化技術を使用している貨幣という意味で「パスワード貨幣」と呼び政府は、「仮想通貨」という用語を使用する。パスワード貨幣は、各国政府や中央銀行が発行する一般的な貨幣とは異なり、最初に考案した人が定めたルールに基づいて価値が付けられる。最終的には価値が付いたように、価格が決まったことの結論である。

世界の最初のビットコイン先物取引成立

バックプログラムは、当初、昨年末の営業を開始する予定だった。しかし、米国の金融当局の承認が遅れ半年近く日程を延期した。今年初めに仮想通貨業界では、「米国の金融当局がビットコインETF(上場投資信託)の承認を1年以上延期した状況で、市場に残った唯一の好材料はベクトゥだけ」という話が出回った。去る2月、300万ウォン水準まで落ちたビットコインが本格的に反発し始めたのは今月秒だ。ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の仮想通貨先物取引所」ベクトゥ(Bakkt)」が営業日程を確定ながらからだ。

しばらくご無沙汰だったベクトゥの営業日程が決まったのだ。ケリーロプルドルベクトゥ最高経営責任者(CEO)がブログで、「米国商品先物取引委員会(CFTC)と協力して、7月からビットコインの先物契約のテスト(UAT)を開始するだろう」と明らかにした。世界の最初のビットコイン先物取引成立という意味だ。

このニュースが伝えられ、離れて行った機関投資家が戻ってきた。今月初め600万ウォン台前半にとどまっていたビットコインの価格は半月ぶりに900万ウォン台後半まで上昇した。
した仮想通貨の専門家は、「萎縮された機関投資家の市場が再び生き返ることに注目しなければならない」とし「近いうちに1000万ウォンを突破するという見通しが出ている」と述べた。

新規仮想通貨の新規上場並んで
仮想通貨取引所も素早く動いている。「水が入ったときにノーを私なければならない」という判断からだ。アップビートは先月初めから26日まで原画マーケットとBTC(ビットコイン)マーケットをあわせて12個の新規仮想通貨を上場した。サンダーコットン、コスモス、アルゴ、ティティさんプロトコル、ファンディx、アンカーなどの低価格帯の新規仮想通貨であった。ビトソムも最近二ヶ月の新しいミックスマーブル、コナン、アンカー、オブス、ベルロトークンなど5つを上場した。

新規仮想通貨上場はしばらく続く見通しだ。した仮想通貨取引所の関係者は、「凍りついた市場が回復し、中断した仮想通貨開発チームが再び動いている」とし「下半期には上場されている仮想通貨がさらに増えるだろう」と述べた。

ただし、全体的な国内仮想通貨取引市場は、過去に比べて多くの萎縮という評価だ。26日の時点で、世界仮想通貨取引市場でウォン占める割合は1.93%に過ぎなかった。ドル(50.33%)、円(42.55%)、ユーロ(2.19%)に次いで四回目だ。かつて30〜40%の割合まで上昇したことを考慮すると、大幅に減少した規模だ。
仮想通貨業界関係者は、「2017年末から国内の金融当局が集中的に仮想通貨取引規制に乗り出し、大多数の投資家が離脱したり、海外取引所に流出した影響」と述べた。

取引所公開が仮想通貨公開置き換えられ
仮想通貨市場が復活し、新規仮想通貨の完売事例も続いている。仮想通貨取引所ピッコロによると、23〜24日の二日間にわたって行われた事前販売で「ブレイブサウンドトークン(BRST)」物量5,000万個すべて売れた。

BRSTはビッグバン、シスターなどをプロデュースした勇敢な兄弟が主軸になって開発した仮想通貨である。「Kポップコイン」というコンセプトで開発された。ストリーミング専用プラットフォーム「ブレイブ(Brave)」(仮称)で、主に使われる。ブレイブは仲介者なしに歌手が直接自分のコンテンツを登録し、これを消費者がリアルタイムで取引することができるプラットフォームです。
BRSTは本あたり21ウォンで取引された。総4回に渡って販売され、販売されるたび約2時間余りの時間内にすべての数量を排出した。

ピッコロは、先に国内ピンテックメーカーマイクレジットチェーンが開発した仮想通貨1,000万個も完売させた。1次販売量200万個は、5分で、2次販売量200万個は、50分ですべて売れていく記録を立てた。本あたりの販売価格は10〜30ウォンだった。
ピッコロが進行したのは、仮想通貨公開(ICO)の一種である取引所公開(IEO)だ。仮想通貨の独自の検証を終えた仮想通貨取引所が一定量を独占上場した後ではなく販売することである。仮想通貨業界では、今後のIEOがICOを完全代替するものと見ている。

パスワード貨幣、振替・取引コストを大幅に削減

パスワード貨幣はブロックチェーンの技術を活用する分散型システムの方法で処理される。分散型システムに参加する人を採掘育っており、これらはブロックチェーン処理の報酬としてコイン形の手数料を受ける。このような構造で、パスワード貨幣が維持されるため、貨幣の発行に伴う生産コストが全くかからずに行うことができる。また、コンピュータのハードディスクなど保存されるため、保管コストがかからず、盗難・紛失の恐れがないため、価値保存手段としての機能も優れているという利点を持っている。しかし、取引の機密性が確保されるため、麻薬取引やギャンブル、裏金造成のためのマネーロンダリングに悪用されることができ、課税の困難が生じ脱税手段になることもあり、問題となる。

2009年のビットコインの開発を開始して2017年までにおよそ1,000余個に至るパスワード貨幣が開発され、このうち半分の約500個取引されていることが知られている。代表的な暗号化肺はビットコインをはじめイーサネットリウム、ビットコインゴールド、ビットコインキャッシュ、リップル、ダッシュ、光コイン、モネのなどがあるが、現在のビットコインとイーサネットリウムパスワード貨幣市場を主導している。