仮想通貨のbitcoinは、ラスベガスやハンブルクのような都市と同じ量の二酸化炭素の排出しており、フットプリントを減らすための努力を考慮する必要がある、と研究者らは見出した。

ミュンヘン工科大学とマサチューセッツ工科大学の研究者による研究では、ビットコインの生成とトランザクションの処理に使用されるコンピュータの消費電力を調べました。

ジャーナルJouleに書いて、研究者は彼らがそれからコンピュータが置かれた国で電力生産からの炭素放出と結果を結合したと言いました。

彼らは、2018年の終わりごろには、ビットコインネットワーク全体が年間22〜2290万トンのCO2の原因であると結論付けました。これは西部の大都市やスリランカのような発展途上国全体と同じです。化石燃料の燃焼による温室効果ガスの全世界の排出量は、昨年約370億トンでした。

この研究の著者の一人であるChristian Stollは、次のように述べています。「しかし、カーボンフットプリントは、発電が特にカーボン集約的である地域で暗号通貨マイニングを規制する可能性を議論する価値を議論する価値があるほど十分に大きくします。」

研究に関わっていないビットコイン研究者のAlex de Vriesは、コンピュータの位置を特定する方法が十分に信頼できるものであるかどうかについて疑問を投げかけた。

しかしde Vriesは、排出量は彼が別の方法を使って計算したものと一致していて、そしておそらく低価格でさえありえると言いました。「この研究の人々はエネルギー面では非常に保守的でした」とAP通信に語った。