12日、元Bigbangの元メンバーを代表して、多数の投資家から投資を受けた仮想通貨会社Nupayが、詐欺のために投資資金を返済できなかったとして訴えられた。昨年11月に仮想通貨会社NupayがVictoryとの広告承認契約を結んだと報じられており、3月にターゲットが開始され、YG Entertainmentの支援を受けて広告が完成した。それから、勝利は「燃える日」事件に関係していたので、Nupayは元の会社YG Entertainmentに契約額を全額払い戻すように頼み、部分的な合意に達しました。

しかし、Nupayを代表して、「契約の勝利との契約」を理由に、口頭による通知が投資家との契約から解放され、投資家は「YG Entertainmentは保証料を返還する必要があると述べました。しかし、両当事者間の合意は完全には解決されておらず、最近投資会社によって訴えられていると報じられている。

さらに、YG Entertainmentの元アーティストであるBIは、12日に麻薬関連の紛争にさらされた後の日に4.05%急落した。