チェジンスン記者=先月破産宣言をした国内パスワード貨幣取引所アップデートラビットが破局に駆け上がっている。取引所の利用者が「企画破産」を主張して訴状を受理したが、保証金の払い戻しの保証方案を見つけられずにいる。

アップデートラビット取引所をめぐる議論は、まだ霧の中にいる。今月初め、利用者は、法務法人を通じてアップデートラビット所を相手に訴訟を提起した状態だ。しかし、円満な合意点を見つけられないまま足踏み状態であることが伝えられた。一部の預金もかしようとする利用者の希望ははるかに遠い状況である。

今月5日、法務法人光華(弁護士パク・ジュヒョン)はアップデートラビット利用者27人に代わって、ソウル地方警察庁のアップデートラビット運営会社ノノス代表との主要な役員を告訴した。

債務者回生及び破産に関する法律違反(詐欺破産)、特定の経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(財産国外逃避)、詐欺、業務上背任、類似受信行為法違反、資本市場法違反、事前者の記録など贋作と同イベントなどの疑い。

去る13日アップデートラビット利用者100人余りはソウル麻浦警察署に取引所の代表など関係者を業務上横領などの容疑で告訴状を受理した。利用者は取引所預金を返還していないなどの被害を受けたと主張している。被害額だけで約70億ウォン規模だ。

◆アップデートラビット所めぐる争点は?

アップデートラビットは、先月7日、公示を通じて取引所のサービス終了を発表した。アップデートラビットを運営するノノスのソングァンイル代表は「内部的な問題と経営環境の悪化など対内外的理由により、やむを得ず破産を決定した」と理由を説明した。

問題は、アップデートラビット側が原画出金ができないという通知を出してからふくらんだ。アップデートラビットはボイスフィッシング申告で法人口座(非許可集金口座、別名ハニカム口座)が詰まった点を理由に挙げた。

実際にボイスフィッシング申告が受理された場合、その口座は債権消滅の手続きが終わりになるまで取引停止される。債権消滅は、金融監督院開始公告日から2ヶ月後だ。つまりボイスフィッシングに口座が凍結された後、約2ヶ月後から取引再開されるということだ。

アップデートラビットはジェイチ親愛貯蓄銀行と農協銀行口座を通じて預金を管理きた。現在アップデートラビットのジェイチ親愛貯蓄銀行口座がボイスフィッシング申告で詰まっている。去る4月19日債権消滅手続開始公告が始まり、約2ヶ月後の6月19日の取引再開される。

問題は、アップデートラビット側が口座が解けた後、ウォン出金を再開するか不確実であるという点である。預金確認するかどうかも不透明な状態だ。投資家は取引所側に預金確認を求めているが明確な回答を受けていない。

最大の問題は、ハニカム口座の性質上、会社運営資金と利用者預金の区分が曖昧であるという点である。ハニカム口座は失明の口座とは異なり、一つの法人口座から任意入金人を介して預金を管理する。

◆「ポンピング」を通じた相場操作するかどうかもカギ

アップデートラビットでボイスフィッシングなどで原画出金が詰まっ者取引私パスワード貨幣は異常に価格が急騰した。ビットコインの場合相場より10倍ほど上がった8500万ウォン以上上がった。

これ取引所の利用者は、アップデートラビット側が意図的に「縁ポンピング」を誘導したという疑惑を提起している。利用者は警察に「アップデートラビットが破産を企画し、破産前、意図的に仮想通貨の価格を他の所よりも高く設定して利用者を集めた」と告発した。

しかし、このような主張の明確な証拠を確保するのは難しい状態だ。現在のサービスが中断されたアップデートラビット所内のデータを確認する方法も断言できない。関連データの確認作業が急がれる状況である。もし内部で意図的に相場を操作した状況が確認れれば疑わしい点を見つけることができますが、いわれのない時間だけ流れているのが実情である。

一方、アップデートラビット側の関係者は、現在捜査が進行中であるだけ手順に従うという立場だ。「渡り鳥」の可能性についても口を閉ざした。先にアップデートラビットは、様々なデマによる名誉毀損について強力に対応する方針を明らかにした。

アップデートラビットに勤務していた元従業員も一時、国内の中・大型取引所としてアップデートラビットの「渡り鳥」の可能性は希薄だと伝えた。元従業員によると、「アップデートラビット取引所がISO国際認証を受けただけの体系的な取引所であった」とし「企画破産や渡り鳥ほどマクナガヌン会社ではなかった」と語った。

しかし、最近の訴訟に参加した取引所の利用者は、アップデートラビット側の「渡り鳥」の可能性に重きを置いていると述べた。ソングァンイルトラビット代表が弁護を放棄したという話も伝えられた。

アップデートラビット利用者は、本紙との電話通話で “訴訟の過程でアップデートラビット代表弁護士選任をしていないと思われる」とし「自ら弁護を放棄し型を生きるにははないかという推測が出てくる状況だ」と伝えた。