フェイスブックはこの日、自社ホームページを通じて「ブロックチェーンの技術で動く新しい仮想通貨「リブラ」を利用することができるデジタルウォレット「Calibla(カリブラ)」を開発中であり、2020年に発表されるだろう」と明らかにした。

フェイスブックは「今日のようなインターネットの世界では、すべての種類の有用なサービスに無料でアクセスすることができますが、送金や支出は例外であった」とし「世界の多くの人々はまだ基本的な金融サービスを享受できずおり、これがFacebookの 「Calibla(カリブラ)」 と一緒に解決しようとする課題」としリブラ開発の理由を説明した。

フェイスブックによると、リブと呼ばれる優先個人間送金に活用される予定である。ユーザーは、フェイスブックにを介してリブラを購入することができ、それ自体デジタル財布のカリブラに保管できるようになる。 「Calibla(カリブラ)」 はメッセンジャー(Messenger)やワッツアプリ(WhatsApp)および独立アプリケーションとして提供される。フェイスブックは「テキストメッセージを送信ように簡単にすぐにスマートフォンを持つすべての人と李ブラを送受信できるようになる」と述べた。

フェイスブックは、その後、オフライン商取引決済用途に 「Calibla(カリブラ)」 の使い道が拡大することを期待している。フェイスブックは「ボタンひとつでお金を出して、コードをスキャンして、コーヒーを買い、現金や交通カードがなくても、公共交通機関を利用するなどの追加サービスを提供することを望んでいる」と説明した。

ウォールストリートジャーナルなどによると、フェイスブックの別名「リブラプロジェクト」には、27個のパートナーが参加する。マスターカード、ビザ、イーベイ、ペイパル、オボなどの金融サービス会社とオンライン商取引業者などが、Facebookとパートナー関係を締結し、コミュニティーに参加することにした。Facebookは発売まで100社が参加することを期待している。

一方、フェイスブックパスワード貨幣発行を控えて多くの予測が飛び交う中、ビットコイン・イーサネットリウムなどの相場が変動たりもした。フェイスブックのパスワード貨幣発行が発表されたこの日のさまざまな仮想通貨相場は大きな影響を受けない様子だ。