米商品先物取引委員会(CFTC)は、ビットコイン取引および投資を目的とするControl-Finance Limitedおよびその創設者である英国のBenjamin Reynoldsに対する民事執行訴訟の提起を発表しました。

この訴状では、1,000人以上の顧客から、コントロールファイナンス「アフィリエイトプログラム」と呼ばれるピラミッドスキームを通じて、少なくとも22,858.822ビットコイン(当時は少なくとも1億4,700万ドル相当)を不正使用されていました。

文書によると、レイノルズは2017年5月1日から10月31日まで、Bitcoinの購入とControl-Financeへの転送を顧客に不正に勧誘することによってBitcoinに対する一般の熱意を悪用しました。彼は彼の専門の仮想通貨トレーダーが月に最高45%の取引収益を上げ、そして暗号化市場リスクから「安全な避難所」を作り出し、顧客のBitcoin預金を保護するためにリスク分散法を使ったと主張しました。

「実際には、被告は顧客に代わって取引を行わず、取引利益も得られず、Bitcoinの預金を不正使用しました」とCFTCは声明の中で述べています。

レイノルズはまた、「アフィリエイト」ボーナスを約束して、家族や友人をプラットフォームに招待するように依頼しました。

不正流用スキームは、顧客のBitcoin預金を受け取るための独自の使い捨てWalletアドレスの作成に依存していました。その後、仮想通貨支払い処理者が保有する他のプールWalletアドレスと北米、ヨーロッパ、アジアの取引所に転送されます。CFTC当局は、これらの非経済的で紛らわしいブロックチェーン取引は、不正使用を隠すためだけに行われたと主張しています。

さらに、顧客が口座からの引き出しを要求した場合、レイノルズは支払いをするために他の顧客から違法に資金を流用します。

レイノルズ氏は、偽の口座残高と存在しない取引利益を誤って反映した利益額を顧客に提供することにより、不正を隠しました。幻想的な有益な取引を特定する毎週の「Trade Reports」も作られました。

継続中の訴訟において、CFTCは民事罰、賠償、取消、不当な利益の分配、取引および登録の禁止、ならびに連邦法のさらなる違反に対する恒久的な差止命令を請求しています。

訴状はニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所に提出された。