ブロックチェーンと仮想通貨は、4次産業革命の代表成長動力として挙げられている。しかし、ブロックチェーンは育成しながら、仮想通貨は禁止する二重基準を示している政府に対して関連業界では、議論しているが、これと関連し、政府は黙殺無返答である。現在、各国では、仮想通貨と関連明確な規制案が設けられていなくて、制度圏の中に引き込むかについて慎重に検討している。

一方、韓国金融委員会(金融委)が「仮想通貨資金洗浄防止ガイドライン」を延長する計画だと明らかにした。仮想通貨のガイドラインは、仮想通貨の投資で発生する可能性のある資金洗浄を防止し、金融取引の透明性を高めるために、昨年1月30日から施行された。

ガイドラインは、関連法の「特定金融取引情報の報告および利用などに関する法律(以下、特グムボプ)」に合格した場合、来月9日に失効する予定であった。しかし、金融委は速やかに国会が正常化される難しいと判断してガイドラインを延長することを決め決定した。

金融委所属金融情報分析ウォン(FIU)の資金洗浄防止担当者は、「ガイドラインを延長する方向になった、内容は従来と大きく異ならない」と明らかにした。

ガイドライン延長期限は1年である。最大2年まで延長可能であり、特グムボプに通過すれば、ガイドラインは、自動失効される。

金融委は、銀行などの仮想通貨取扱い業者と取引する金融企業へ

・取引所確認義務 ・疑い取引報告義務 ・情報提供を拒否した取引所と取引停止

などを盛り込んだガイドラインを制定∙実施した。

一部では、ガイドラインが法的根拠がなく、銀行を介して取引所を間接規制しており、関連するリスクに十分に対応することができないと指摘した。

韓国は今年、国際資金洗浄防止機構(FATF)が指定された相互評価対象国で評価団の訪問実写が予定されているので、安定した金融環境を整えるための具体的でありながら緊急規制設け必要性はさらに高まっている。