韓国国内中小パスワード貨幣取引所を巡ってインサイダー取引から投資横領、代表の潜伏と渡り鳥疑惑など雑音が絶えない。今年の初めから続いたニュースは、一日に何件も聞こえてくる。この被害はそっくりそのまま投資家の抱え込み、そもそも取引所の計画された破産ではないかという疑いの火種が大きくなっている。

一方、今年廃業を宣言する国内取引所が増えている。コインビン、コインネスト、アップデートラビット、ビットキニーなど知られていない所まで合わせれば、両手が不足状況だ。最近、国内中小パスワード貨幣取引所を巡って雑音が絶えていない。2017年末ビットコインの展開により、いくつもの取引所ができて、現在、韓国国内には200種類以上もの仮想通貨取引所が運営している。

破産を宣言する取引所の理由は様々である。去る2月 仮想通貨取引所コインビンは財布と取引所のシステム運用管理などの重責を務めていた本部長がプライベートキーを削除、仮想通貨を多数紛失したと明らかにし、破産を宣言した。続いて、4月にコインネストは代表と社員が横領・詐欺疑惑で検察に緊急逮捕され取引所が下落し破産を宣言した。

最近アップデートラビット(TREBIT)が破産を宣言した。昨年7月にオープンしたアップデートラビットは、昨年11月から今年3月までの4回にわたってボイスフィッシングが発生して原資入出金が数回中断された。アップデートラビットは、これらのボイスフィッシングと顧客の信頼の低下などによる経営悪​​化が深刻化して、もはや営業することはできなくなり、5月初め取引サービスをすべて終了し、破産手続きを踏むと述べた。

アップデートラビットは指定された期間まで受け付けた顧客を対象に順次引き出しを進行すると明らかにしたが、コイン出金また円滑に進まず廃業した状態である。

突然の破産ニュース… 青天の霹靂右投資家

突然の取引所の破産ニュースに取引所を利用した投資家は、意味も分からないまま青天の霹靂を迎えている状況である。取引所は、破産宣言をほとんど本人の取引所のホームページのみ通知をする。そのためニュースを見たのが遅い投資家の場合、そのままお金を吹き飛ばされる状況が発生する。

また、取引所が破産をすると市場の投資家のコインと資金は、投資家が直接移動しなければならない。これ取引所側の投資家に破産通知をした後、コインの資金を移動できる期間をお知らせします。しかし、取引所側で公知する移動期間はわずか一週間で一ヶ月しかならないので、この時期を逃すと、投資家は、本人のコインと資金を抜くことができなくなる。

このような状況を知らないうちに取引所を利用していないが、久しぶりに取引所のサイトにアクセスして取引所破産ニュースを聞いた投資家は、資産が一日で飛んでしまったが、どこに訴えるところもなく泣き寝入りの場合が大半である。

韓国で仮想通貨は金融資産として認められていない。また、仮想通貨取引所に関する政府次元のしっかりとしたガイドラインと法・制度的規制装置がないせいで取引所の渡り鳥や破産時の法的補償を受けることに漠漠状況である。

これによる悪意のある取引所から行われた横領や詐欺、代表の潜伏と渡り鳥、顧客の個人情報流出、出金遅延などによる被害がそのまま投資家の役割になっている。増える取引所破産宣言で本人のコインと資金が空中分解して足だけドンドン転がり被害者も増え続けている。

金融委員会は、1月23日に「仮想通貨投機根絶のための特別対策の金融部門対策実施」を発表した。仮想通貨取引実名制を導入し、取り扱い店の取引銀行と同じ銀行口座を保有している利用者は、その口座を介して入出金をすることになる。

急増した取引所廃業問い合わせ… 「計画破産」論議

昨年、政府の「仮想通貨(パスワード貨幣)取引実名制導入」にアップビート、ビトソム、コインウォン、コビト以外所には失明の仮想口座を発行が禁止された。そのため取引所は、法人口座への顧客の資金を受けて、別の帳簿で、これを管理するハニカム口座を使用してきた。このハニカム口座は、ユーザーの個人口座が区別されていないうえに悪用する場合、資金洗浄が容易に問題になる。

しかし、昨年10月に国内パスワード貨幣取引所コインイズがNH農協銀行を相手に出した仮処分申請について、「取引所の集金口座(ハニカム口座)の利用を防ぎいけない」という判決を受けた後、ハニカム口座を利用する新規小型取引所がおおく表れ始めた。

一方、法曹界によると、最近、「取引所廃業手続き」を連絡する取引所の電話が急増したと発表した。このように、新規の小型取引所が急速ように増えたが廃業することが頻繁になり、廃業する所に向かって利用者の投資資金を横領し、市場の難しさと政府の規制を口実に「計画破産」することはないかという疑惑が浮き彫りになり始めた。

「計画破産」疑われるアップデートラビット

最近破産を宣言したアップデートラビットも取引銀行からアップデートラビット法人口座残高が多くないことが明らかになり、横領疑惑が浮上した。また、アップデートラビットはホームページにコイン出金期間を提示した後、期間内にコイン出金を申請した者に限ってコイン出金を定めた。

しかし、アップデートラビットは、価値が低いアルトコインのみ出金をしてくれて、同時間帯申請したビットコインは、出金してくれないまま廃業してしまった。これ投資家は、「ビットコインの価格が上がると、わざわざ出金をしてくれないことではないか」との意図された「計画破産」に疑問を提起した。

これアップデートラビット利用者はアップデートラビット取引所運営会社ノノス代表と役員を告訴した。利用者は「法人を合併するとすぐ破産したのは疑わしい」と訴えを提起した理由を明らかにした。

去る5月5日、法務法人光華によると、アップデートラビット利用者27人アップデートラビットを運営する株式会社ノノスの代表と主要役員を相手にソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊に債務者回生及び破産に関する法律違反(詐欺破産)、特定の経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(財国外逃避)、詐欺、業務上背任、類似受信行為法違反、資本市場法違反、事前者の記録など贋作と同行事などの疑いで告訴した。

今回の事件告訴代理を務めたパク・ジュヒョン法務法人光華弁護士は「企画詐欺に確保した財産を、パスワード貨幣を利用して国外に逃避させた点について捜査を促し、破産手続きを合法を装って証拠隠滅をすることについて債務者回生及び破産に関する法律違反(詐欺破産)に公式問題提起をしたという点に意味がある」と説明した。

訴状には、ノノスが運営するパスワード貨幣取引所アップデートラビット自体発行コインのTCOとTCO-Rコイン発
行、トランザクション処理、および資本市場法違反かどうか、預金の問題、ボイスフィッシング関連口座の凍結プロセスは、株式会社ノノスとアップデートラビットの間の合併割合など関連手続き、取引所私枚数-売り手順と帳簿取引かどうか、資本金納入から破産コース、類似受信疑い、背任などアップデートウサギと関連付けられたパスワードの通貨取引所運営全般にわたる刑事法的に問題があると明らかにした。

訴訟:取引所と投資家

国内の中小取引所が廃業する過程で出金遅延から、個人情報の流出、取引所の代表者の潜伏と渡り鳥などの投資家を欺く問題が頻繁に発生している。これ被害を受けた投資家が取引所を相手に告訴するケースが増えている。

取引所の場合、数ヶ月目の顧客の出金要求の出金遅延が覆さと出金停止、従業員の横領と相場操作、帳簿取引等巻き込まオールスター櫛シンミンス代表取締役の財産が差し押さえされた。この事件は、パスワードの通貨取引所の代表者の財産が差し押さえされた最初の事例である。

また、電算操作されたアカウントを使用して取引量操作および擬似仮想通貨で営業して顧客の預金を返さなくて投資家を欺くした疑いを受け仮想通貨取引所の鼻ミッド代表に懲役3年の実刑が宣告された。

他にも詐欺と横領容疑などで利用者からの団体告訴された事件も増えている。昨年11月に取引所をオープンするとし投資資金を集めたピュア取引所は、投資家にパスワード貨幣を入金された後、ホームページをなくし潜伏した。これによる被害額は約100億ウォンに達すると推定され、現在の警察の捜査が進む中である。

続いて、2月に設立されたポイントのビット所の代表が投資家のお金を持って潜伏した疑いで代表が訴えられた状態である。警察に逮捕されたポイントのビット代表は、利用者の投資資金のうち10億ウォンほどを個人用途で使用したと供述したという。

一方、市場の香ばしい利用者に取引所がマトゴソした事例もある。去る5月10日パスワードの通貨取引所キャッシャーレストを利用した36人の「キャップコイン」の購入者取引所運営会社であるニューリンクを詐欺、背任と横領、同様の受信などの疑いで検察に告訴した。

これキャッシャーレスト取引所を運営するニューリンクは、最近36人の所の利用者は、その役員を告訴はと関連遺憾を表明し、強力な法的対応に出ると、5月13日に発表した。

不信だけ大きくなっていくには、パスワードの通貨市場… 浄化作業が必要

7月の金融委員会は、仮想通貨規制基準である「仮想通貨(仮想通貨)関連資金洗浄防止ガイドライン」を代わりにすることが法律を設ける案を推進すると発表した。

政府が仮想通貨取引所資金洗浄防止義務付けと申告制登録などを盛り込んだ法制化を推進しながら、仮想通貨市場はビトソム、コインウォン、アップビート、コビトに代表される大型取引所を中心に再編される可能性が提起されている。資金力を備えた大型取引所がなければ資金洗浄防止システムの構築コストを耐えにくいからである。これの専門家たちはこれを言い訳に「企画破産」に乗り出す取引所が増えるものと見られると指摘した。

一方、中長期的な視点では、どんぶり勘定式で運営されたパスワードの通貨取引所の「玉石選別」が行われるように、パスワード貨幣市場が浄化されるという意見も出ている。法的基準を満たしている場合、制度圏の中で運営されるベースを得るからである。これ投資家も被害を法的に補償受けるのが難しいという不安を打ち明けことができる。

国際マネーロンダリング防止機構(FATF)は6月に仮想通貨取引に関連した国際標準案を出すことにした。この合わせ政府も仮想通貨取引所資金洗浄防止義務付けと申告制登録などを盛り込んだ法制化を推進するものと見られる。これパスワード貨幣取引所がどのように変わっていく今後の成り行きが注目される。