外信コインテレグラフの現地時間6月15日の報道によると、米最大パスワード貨幣 取引所 コインベース(Coinbase)の 暗号資産委託管理サービス コインベース 大きくスタディ(Custody)が 既に13億ドル規模の資産を保有しており、すぐに20億ドル突破が予想されると述べた。
また、最近英国で行われた コインベースの 独自のセッションでCEOのサム マッキンタイアベール(Sam McIngvale)は、暗号資産産業による機関対象商品がないという認識を指摘し、「コインベース 大きくスタディは、保険に加入しており、規制が適用されている安全な管理企業だ」は 立場を明らかにした という。
去る5月にもコインベース CEOブライアン・アームストロング(Brian Armstrong)は、「コインベースが10億ドル規模の資産を管理しており、 コインベースの取引量の機関投資家が60%に達している」と話し機関投資家が進められているを示唆している。