グローバル大型取引所がG20首脳会議に合わせて開催されるV20で金融関係者とのグローバル政策立案者と国際資金洗浄防止機構(FATF)の新しい規制案の内容についての議論を行う。
17日(現地時間)、英国ロンドンファイナンシャルニュースによると、サークル(Circle)、コインベース(Coinbase)、ビートフライヤー(bitFlyer)、クラーケン(Kraken)後、オビ(Huobi)などのグローバルパスワード貨幣取引所が今月開催されるV20でパスワード貨幣規制関連業界の声を提供する。

今月28〜29日、日本の大阪で開催されるG20首脳会議に合わせて、各国のブロックチェーン協会がパスワード貨幣の国際標準を上げるために別々にV20(Virtual Asset Service Providers Summit)を開催する予定である。

前福岡で開かれたG20財務相会議で、各国の財務相と中央銀行総裁は、パスワードの通貨規制と関連韓国製資金洗浄防止機構(FATF)勧告に従っという共同声明を採択しており、21日パスワードの通貨関連企業に適用される新たな規制指針が発表される予定である。

外信によると、世界的な取引所は、V20で規制案の議論を介して、そのサービスに支障をきたすことができる、新しい規制の立場を整理する予定だ。

これと関連し外信は「利用者情報」を収集し、報告内容について関連企業が懸念を示していると伝えた。最近ブルームバーグ通信はFATFが1000ドルまたは1000ユーロ以上の取引をする送金人、受取人情報を暗号貨幣取引所が保管して当局に提供するようにする案を検討していると報道した。

これに対して、デジタル資産の金融サービス会社であるデジタルネックス(Diginex)のマルコムライト(Malcolm Wright)最高倫理経営責任者(CCO)は、「既存の金融界で行われていることを「クリプト」の環境にスイオリョこと」と表現した。

規制により意図しない結果が生じることがあるという声も出ている。パスワード貨幣関連団体であるグローバルデジタルファイナンス(Global Digital Finance)は、規制により、パスワードの通貨取引所を経ていないパスワードの資産取引発生することがあり、これはむしろ法で取引を追跡し、制御するのは難しいことができると指摘した。

取引所だけでなく、「パスワードの資産サービスプロバイダ」に含まれる資産保管会社やクリプト中心ヘッジファンド各社も影響が及ぶという見方もある。パスワード貨幣取引と諮問を専門とするアルトノミ(Altonomy)のリッキー・リー(Ricky Li)共同設立いく」規制を遵守するためのコストとその後の処罰が続けば、多くのパスワード貨幣取引所を含めて仲介業者やファンド買い入れもドアを閉めるになる」と予想した。

これらの業界の懸念点に対してグローバル取引所は、V20を介してFATFとグローバル政策立案者に強調する予定である。ファイナンシャルニュースは「今回のV20は、新しい規制案の履行と時期の明快さをFATFに提供することができる」と予想した。

実際の後オビで孫イェリン(Elaine Sun)最高倫理経営責任者(CCO)がV20に参加する予定だ。彼は「FATFと直接議論を通じてパスワード貨幣産業のユニークな特性を明確に伝えること」とし「これは会社や機関が規制の理解を同じくして、これを管理する方法を見つけるのに役立つだろう」と述べた。

グローバルデジタルファイナンス(Global Digital Finance)のティナ・ベイカー – テイロール(Teana Baker-Taylor)事務総長は、「業界が一つの争点を中心とした声で話すことができる機会になるだろう」と述べた。

今回のV20は、業界関係者だけでなく、FATFの各国代表、イギリス事務局、日本の金融庁の関係者、台湾、日本、オーストラリア国会議員、日本、フランス大使館の地域経済担当なども参加する予定だ。