ラガルド(Christine Lagarde)国際通貨基金(IMF)総裁がG20ハイレベルセミナーで暗号資産(crypto asset)について言及した。
去る8日、日本の福岡で「デジタル時代に、私たちの未来(Our Future in the Digital Age)」をテーマに開かれたG20(主要20カ国・地域)高官セミナーでラガルドIMF総裁は開会を介して暗号資産を言及して国際的な協力の必要性を述べた。

ラガルド総裁はこの日、昨年IMFと世界銀行が共同で行った「バリピンテックアジェンダ」に言及して加盟国を相手に調査した結果の一部を共有した。

特に、加盟国がピンテック分野で、汎国家的な協力を必要としている点が言及された。協力部分的にサイバー安全性、資金洗浄防止関連法・規制設け、海外決済などが議論された。

ラガルドIMF総裁は「暗号資産」を例としてあげて「暗号資産は数年の間に使用されているにも関わらG20諸国の間で関連規制について意見の一致を成すことができない」と述べた。

彼はまた、暗号資産を残して国家間のアプローチが、他の点も注目した。ラガルドIMF総裁は「ピンテックの可能性を活用して、金融水溶性を拡張し、開発する場合は、▲暗号資産▲非銀行金融仲介業者▲データガバナンスの国別アプローチを統合する必要がすることが重要である」と述べた。続いて「同時に金融の安定を維持し、消費者を保護することができる方法も見つけるならない」と付け加えた。

また、ビットコインドットコム(www.Bitcoin.com)によると、アダムバック(Adam Back)ブロックストリーム(Blockstsream)最高経営責任者(CEO)もG20ハイレベルセミナーに参加してブロックチェーン・パスワード資産と現在の金融インフラの違いについて説明して安全なトークン化と転送のためのブロックチェーン活用についても言及した。

麻生太郎副首相兼財務相は、日本の役割と優先順位について簡単に説明し、「分散技術のように革新的な技術が保有している可能性のメリットを活用すること」であり、「暗号資産に関連するリスクを減らすのにも同時に努めること”と述べた。