ロシアで2週間以内にデジタル資産と暗号資産公開(ICO)が合法化されるという報道が出た。
19日(現地時間)のBeInCryptoによると、アレクセイモイセエフロシアの財務次官は、タス通信とのインタビューで、ロシアの議会(下院)が2週間以内デジタル資産に関する法案を採択する準備ができていることに言及した。

モイセエフは「私たちは法案について議論した先週の会議で法案の最終版に合意した」とし「基本的にすべてのことが決定した」と明らかにした。彼は「私たちは、最後の修正作業を進めており、うまくいけば、2週間以内に2回目の審議を通じて採用する準備ができている」と付け加えた。

ロシアの議会はまた、ICOを規制する別の法案も採用することが分かった。

ロシアのプーチン大統領は今年初め、議会に今年7月1日までに、暗号資産の立法を終えることを伝達した。

一方、記事によると、フェイスブックの暗号資産リブラはロシアで金融システムへの脅威になる可能性があるため、合法化されないと思われる。

アナトリーアクサコープロシアの下院金融市場委員長は、ロシアのラジオコメルサントゥFMとのインタビューで、「私の意見で、リブラコインは、ロシアの領土で決済手段として合法採用が行われないだろう」と述べた。しかし、彼はロシア人が外国暗号資産取引所でリブラを購入することは可能だと明らかにした。