WBFグループがニューヨークウォールストリートに設立され、2018年WBFex取引所を立ち上げた。

第1世代である「集中型暗号貨幣取引所(Centralized Cryptocurrency Exchange)」と第2世代の「プラットフォーム型デジタル資産取引所(Platformized Digital Asset Exchange)」以降WBFex取引所が「第3世代デジタル資産取引所(Generation III of Digital Asset Exchange )」という新概念を開拓しており、複合的なセキュリティ技術を利用して、グローバルデジタル金融統合サービスプラットフォームを創出している。

WBFexの目標は、2019年12月31日まで450万人の公式登録プラットフォームのユーザーを確保し、2020年6月30日まで1800万人を達成するものである。WBFex取引所は、2019年10月に新しい永久の契約取引(今後一般的な形式の契約)方式を導入する計画を立てているが、これにより、WBFexは、世界で最も多くのユーザーが登録された最大規模のデジタル資産取引所となることを目指してしている。

デジタル時代の蒸気エンジン、見逃せない100倍トークン

WBFグループはWBFトークン(WT)がWBFex取引所のプラットフォーム貨幣であり、「デジタル時代の蒸気エンジン」になることができる地位を確立していると述べている。

WTは、イーサネットリウムブロックチェーンをベースにした分散されたデジタル資産にWT総発行額は3億トークンになる。全体流通量は1億トークンに設定されて、定期的なWT破壊(regular WT destruction)など8つの基本的な機能を備えている。

WTは非常に強力なプラットフォーム基盤を構築している。WBFexの上級管理職は、ニューヨーク、シンガポール、中国の金融および技術エリートたちで構成されているが、最も深い専門知識と最も活気のある考え方で武装している人材がWBFex取引所に集まったものである。

今後の暗号化の波をリードする「次世代バイナンス(Binance)」

2019年、世界で最も期待されている暗号資産取引所ユーティリティトークンであるWTは、暗号資産領域で急速に広がっている。WBFex取引所は、全体の金融および技術産業を越えて「次世代バイナンス」になってWTは、次世代の100倍のトークンになることを予告している。

WTは、現在WBFex取引所の公式ウェブサイトで購入することができる。WT買い取りに関心のある投資家は、ウェブサイトwww.wbfex.comからより多くの情報を得ることができる。