Twitter(ツイッター)上でLightning Network(ライトニングネットワーク)を介してビットコイン(Bitcoin/BTC)の投げ銭を行うことができる拡張機能「Tippin」は、2019年8月30日のツイートでTippinの送金機能がモバイル端末でも利用できるようになることを発表しました。

Tippin「モバイル端末」に順次対応へ

仮想通貨ビットコイン(BTC)を使って、Twitter上で他のユーザーに投げ銭を行うことができる拡張機能「Tippin」は、2019年8月30日のツイートで「Tippin」のサービスがモバイル端末でも利用できるようになることを発表しました。

「Tippin」はTwitter上で別のユーザーにビットコインを送金することができる拡張機能であり、元々はパソコン向けにサービスを提供していました。Tippinは少額のビットコインを安い手数料で即時送金することができるLightning Network(ライトニングネットワーク)に対応しているため、気軽にビットコインで投げ銭を行うことができることで高い評価を受けていました。

モバイル版の公開テストには「ライトニングネットワーク対応のウォレット」も含まれているとされており、最初はAndroid端末向けのものがリリースされると説明されていますが、iOS版も「近日公開予定」とされているため、間も無くAndroidとiOSの両方で「Tippin」のテストを行うことができるようになります。

Tippinは、最初にサービスが公開された後にTwitterのCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏からも賞賛のコメントを受けており、ビットコインの採用を促進する可能性があるとも言われています。

スマートフォンで「Tippin」が利用できるようになれば、ビットコインの流動性はさらに高まり、新しい利用者も増加すると期待されます。