UPbitの従業員は、取引所の量を膨らますために偽りの注文を犯していた。

12月21日金曜日、韓国メディアの発表によると、韓国金融委員会(FSC)は検察院の協力の下、韓国最大の仮想通貨取引所Upbitの元CEOを含む3名の元従業員を、約25兆円の取引注文偽装した疑いで起訴した。

今回、自動的に大量の注文を生成するボット(Bot)プログラムを利用し、価格操作する手法を利用したと発表している。

検察の関係者は、「仮想通貨取引所は、実物資産の移動なしにコンピュータシステムだけで取引完結さ投資家の被害が懸念される」とし「取引の公正性と透明性を確保する方策作りが必要だ」と述べた。

UPbitのレスポンス

UPbitは今朝の早い時期にFSCからの料金への対応を発表した。この回答では、彼らは操作が9月24日から2017年12月31日まで行われたが、取引の一部だけが不正であったことを認めている。しかし、過去8ヶ月間、UPbitは、詐欺の疑いでFSCの職員と協力していると主張している。

UPbitは、詐欺に対する自白の後、法人組織として、不正行為によって取得された資産を清算しなかったか、または不正な資産を使用してさらなる取引を行っていないと説明しています。この声明は、自白でなされた他の点に反して実行され、現在彼らに対して押し付けられている罪と矛盾しています。

UPbitは、いつでも「市場売却」オプションを通じて人為的にいつでも交換機のコインの価格を設定することができました。彼らは、人為的に市場価格を設定して、コインポンプやダンプ時にユーザーを保護する方法を選択しました。

「約200百万ウォンの流動性を利用して急激に変化する市場価格から顧客を守った」との回答は、

彼らは、詐欺的取引の件数やそれに対するその他の申し立てが「誤解」であり、裁判所で裁判にかけられると主張しています。