日本は商業捕鯨を再開するために国際捕鯨委員会を去っていると言いますが、もはや南極に狩りに行くつもりはないと言います。

内閣官房長官の須賀義秀氏は水曜日、日本の商業捕鯨はその領土と経済水域に限定されると述べた。

IWCは、減少するクジラの人口のために1980年代に商業的モラトリアムを課しました。日本は調査捕鯨と呼んでいるものに切り替えて、株は商業的な狩りを再開するのに十分回復したと言います。肉は自宅で市場で販売されているため、研究プログラムは商業的狩猟のためのカバーとして批判された。

日本は、持続可能性を目指す組織よりも、IWCが捕鯨の反対者のようになっていると述べた。

日本は鯨肉の消費量が少ないため、日本は漁獲量を削減しました。