日産自動車の執行役員グレッグケリー氏は、彼の上司であるカルロスゴーン氏の給料の過少報告容疑に対する保釈を認められた後、火曜日に日本での拘禁から解放された。

アメリカ人であるケリーの深夜の釈放は、先週彼の日本の弁護士による保釈請求の日の早い時期に東京地方裁判所の承認に続いた。

ケリーは7000万円(635,600米ドル)の保釈金で解放され、1ヶ月以上経って拘禁されました。

テレビの映像は、メガネをかけたケリーを捕らえ、ベージュのジャケットを着て、ゆっくりと拘置所から出て、黒い車に入った。カメラを点滅させながら、弁護士の隣に座ってまっすぐ見ているケリーを乗せた車が、過去の記者たちを運転した。彼は彼の慢性的な首の問題の治療のために病院に直行すると予想された。

ケリーとゴーンは11月19日の逮捕の直後に東京で拘禁された。2011年から2015年にかけて、ゴーンの給料を約50億円(4400万ドル)過少申告している。

ケリーの日本の弁護士は、裁判所が検察官による、ゴーンの40億円(36百万ドル)の過少申告の過少申立てを調査するための二人の更なる拘禁の要求を棄却した後、保釈を求めた。

過去3年間に40億円(36百万米ドル)の過少報告された疑いのある訴訟については係争中であり、審理日は設定されていない。

ゴーン氏は、1月1日まで、または信頼の侵害の申し立てにも直面しているため、それ以上拘束されます。

検察はゴーンとケリーは飛行の危険だと言います。彼の釈放の後、ケリーは彼の居住地と旅行に関するものを含む裁判所によって設定された規則に従わなければならない、と検察官は言った。

ケリー氏は、火曜日に日本の弁護士を通じて日本のメディアに発表された声明の中で、彼は無罪だと述べた。

日本のネットワークと印刷メディアが示した声明のコピーによれば、「私は、虚偽の申し立ての疑いに関与していない」と述べた。「私は自分の無罪が裁判で明らかにされると信じています。私は無罪の判決を下し、私の障害のある評判を回復し、そしてできるだけ早く私の家族に戻ることを望みます。」

自動車業界の象徴であるゴーン氏の逮捕と彼の右腕は、国際的な注目を集め、日本の長期拘禁の慣行について懸念を表明している。

日産はケリーを代表取締役として、ゴーンを会長として解任しましたが、それでも会社の取締役です。日産のフランス人同盟者であるルノーSAの役員会は、暫定議長を指名している間彼を拘束した。三菱は日産と同様の措置を講じた。

62歳のケリーは1988年に北米日産に入社し、会社で弁護士や人事に携わり、2012年から自動車メーカーの役員を務めています。

彼のアメリカの弁護士、Aubrey Harwellは、彼は無実であり、彼は法律と会社の方針に従って行動しただけであると言いました。ゴーン氏はこの主張を否定し、弁護士たちに、彼が法廷で無罪を証明する決心をしていると語った、と日本の報道は伝えている。

このスキャンダルはまた、日本の自動車メーカーとルノーとの提携の将来についても懸念を表明した。それ以来、彼は日産の台頭を世界第2位の自動車メーカーへと導いた。

ゴーンの没落は、同盟の権力を得るための日産の他の人々による操縦であると見られている。

ケリーの妻、ドナは、火曜日に日本の公共放送局NHKらによって運ばれたビデオメッセージで彼女の夫の早い解放のために日本当局に嘆願しました。彼女は彼女の夫が日産によって「囲まれて」いて、彼も首の問題を治療するために解放されるべきであると言いました。

「グレッグを解放し、彼が帰宅して彼が必要とする手術を受けることを可能にする」と彼女は言った。「それが私たちの家族のクリスマスの願いです。」

Kellyは脊柱管狭窄症を患っていると報告されているが、これは脊椎内の空間が狭くなり、痛み、チクチクするしびれ、しびれなどを引き起こすことがある。

メディアの報道によると、彼は12月上旬にナッシュビルで手術を受ける予定だったという。