木曜日に日本で死刑囚2人が絞首刑となり、今年の死刑執行数は15人となり、2008年以来の年間総計で最高となった。

犯罪シンジケートの元シニアメンバーである60歳の岡本敬三と、元投資顧問である67歳の末森裕哉は、強盗殺人で2004年に死刑を宣告された。
彼らは彼と他の従業員を殺害する前に1988年に投資顧問会社の社長から約1億円(900,800ドル)を盗んだ。それから彼らはその体をコンクリートに詰め込んだ。
山下隆司法相は木曜日、「実際には利己的な理由で、彼らが犠牲者の貴重な命を奪ったことは極めて残忍な事件である」と述べた。
山下は火曜日に執行の命令に署名した。

秘密裏に行われた
アムネスティ・インターナショナルによると、処刑は日本では内密に行われ、囚人、その家族または法定代理人に事前の警告は与えられていない。
囚人はしばしば、彼らの差し迫った処刑が起こるのにかかる時間のほんの数時間前に学ぶだけです。
死刑は通常複数の殺人を犯した人々のために予約されています。すべての処刑は吊り下げによって行われます。
日本の刑事訴訟法では、死刑は判決の発行後6ヶ月以内に実施されるべきであると述べていますが、実際にはそうではありません。
論争の的になるシステムは7月に東京の地下鉄で致命的な1995年のサリンガス攻撃を実行したオウム真理教のカルトの13人のメンバーが処刑されたときに国際的なヘッドラインを作りました。
2012年12月に安倍晋三首相が就任してから延べ36人の囚人が処刑され、死刑廃止に向けての国際的な高まる傾向とは相反する状況にある。
日本と米国は、死刑を受ける唯一の発展した民主主義国です。2007年に国連総会が死刑についての普遍的なモラトリアムを求めて以来、約170の州が廃止または処刑を停止しています。