暗号資産「仕手」の投資家は、長期的な投資(Long-term investing)とコールドウォレット(Cold wallet)を好むことが分かった。

世界最大パスワード貨幣取引所バイナンス(Binance)傘下バイナンスリサーチ(Binance Research)の第2四半期市場レポートによると、長期的な投資は、VIPや機関投資家が最も好む投資戦略の一つであることが分かった。

しかし、報告書は「ローンプラットフォームはまだ有効になっておらず、非受託脱集中プラットフォームはまだ市場に投入されてもしない状態だ」とし「一方デックス(DEX、脱集中取引所)は、ほとんどの投資家が利用してみたが、低流動性と急な学習曲線にはまだ広く使用なったり難しい」と指摘した。

続いて報告書は、「投資家が選んだパスワード貨幣とデジタル資産産業の将来のために重要な成長要因と最大リスクで「ローカルおよびグローバルの規制(Regulations)」を挙げた」と伝えた。

一方、パスワード貨幣専門メディアAMBクリプトはバイナンスリサーチの第2四半期の市場報告書を引用、「500万ドル以上のパスワード貨幣資産を運用する投資家50%以上がコールドウォレットで彼らの資産を保管している」と報道した。

また、「コインベースウォレット(Coinbase Wallet)、トラストウォレット(Trust Wallet)など、よく知られているホットウォレット(Hot Wallet)を好む投資家は33%にとどまっており、非数洗濯性(non-custodial)の財布は12%で、最も低い評価を示した」と付け加えた。

参考までに、パスワード貨幣保管財布は大きく、ホットウォレットとコールドウォレットに区分される。ホットウォレットは、ネットワークに接続されてリアルタイムで取引が可能である。一方、コールドウォレットは、インターネットに接続されていない物理的に分離された空間(Device)に格納される。