最近、AMA(私に質問してください)セッションで、Binance CEOのChangpeng ZhaoまたはCZは、今後の先物取引プラットフォームに関する多くの詳細を明らかにすることにより、Binanceユーザーとフォロワーに対処しました。

CZとしても知られるChangpeng Zhaoは最近、BinanceのTwitterプロフィールでAMAセッションを行うためにライブ配信を開始しました。セッションでは、彼は、今後のフューチャーズ取引プラットフォームに関する主要な機能と詳細のいくつかを説明しました。CZによると、このプラットフォームは「非常にすぐに」登場します。 

さらに、彼はBinanceでのステーキングについて話をすることから始めました。彼は最近、StellarとKomodoなど、ステーキング用に5つのトークンを追加したと述べました。また、彼は、Binanceが取引所に出資することを選択するユーザーの数を増やしていることを明らかにしました。

さらに、彼はユーザーがステーキングにサードパーティのプロバイダーを使用すべきではないという信念を表明し、取引所へのステーキングは自然に人気が出ると考えていると述べました。このサービスは、すべてのBinanceユーザーにデフォルトで提供され、完全に無料です。

次に、彼は最近Binanceが開始した新しい紹介システムに移りました。彼は、これは誰かが考えるほど簡単ではないと言った。開発者とプログラマーのチームは、これを機能させるために技術的なアーキテクチャの一部を変更する必要がありました。ユーザーは、取引時に誰かを紹介することで最大40%を獲得できるようになりました。また、ユーザーは、必要なパーセントを紹介先に割り当てることができます。つまり、ユーザーは他のユーザーにトレーディング割引を提供できるようになりました。

そして、CZは先物取引のトピックを取り上げました。彼は、Binanceが2つの未公開の先物プラットフォームに投資しており、1つは買収であり、もう1つは「チームと一緒に開発された」ことをCZが説明したことを明らかにしました。

ただし、これらのプラットフォームはどちらも「準備完了」ですが、どちらを最初に起動するかを会社が決定することはできません。彼はさらに、「それらはわずかに異なる製品である」ため、両方を同時に起動するかもしれないと付け加えました。さらに、CZは、これらのプラットフォームの両方が、顧客に提供される機能に関して非常に競争力があることを強調しました。

「Futuresは間もなく登場します。[…]間違いなく9月のいつかです」とCZは、これについての詳細情報が間もなく登場すると付け加えました。

投資家は精神を調整する必要がある

AMAセッション中に興味深い質問がありました。彼は、最近Binance Launchpadで発売されたPerlin(PERL)IEO(Initial Exchange Offering)について尋ねられました。そのため、基本的な懸念は、トークン販売が「上場でうまくいかない」ことであり、トークン販売の終了後、価格はあまり変動していないことを指摘しました。

CZは、これらのトークンセール投資家が持っている考え方について少しイライラしました。

「私が知る限り、PerlinはまだIEO価格を上回っています。ICOまたはLaunchpadプロジェクトが1日に5倍、10倍にならなければならないと思うなら、その考え方に調整が必要だと思います。」

CZは、Binanceが提供するサービスは、10倍の利益がICO投資にとって単なるカジュアルなものだった2017 ICO時代とは異なると説明しました。彼は、市場の価格とボラティリティに影響を与える可能性のある多くの要因があると言います。