フランスでは人々の生活に欠かせない存在となっているタバコ店。

雑誌や新聞の販売はもちろん、宝くじなども売られているが

2019年の1月より仮想通貨も商品として取り扱うことを発表している。

フランスでは伝統的なタバコ店が将来を見据えていち早く動き出した。

同国でおよそ2万7.000店舗を代表するフランスのタバコ事業連合が

消費者に対してビットコインとイーサリアムの販売を計画し承認したと発表した。

2019年1月にはおおよそ3.000ヶ所で実施される模様で

最終的にはフランス全土のタバコ店で本格的に展開される予定としている。

と出るかとでるか!?

一抹の不安は…

今年に入り仮想通貨の価格が急落している事だ。

タイミングとしてはあまり良い状況とは決して言えないだろう。

ただこの取り組み自体は

タバコ店に新たな収入源を生み

また、仮想通貨にこれまであまり縁のなかった方にも身近に感じてもらえる機会が生まれる。

この計画はパリに拠点を置くデジタルアセットウォレット・決済プラットフォーム、Keplerk と提携して行われている。

一方で…中央銀行は承認していないと声明を発表

フランス中央銀行の下で運営されている独立機関フランス健全性監督破綻処理機構(ACPR)によると、このプロジェクトは承認されたことが報道されていましたが、その後の発表で中央銀行であるフランス銀行からどのような計画も承認していないとする声明が出されました。

まとめ

フランスのタバコ店で、来年1月よりビットコインとイーサリアムの販売が開始されると発表がありました。

その一方で、フランス中央銀行からは、一切同意をしていないとの声明も発表されています。

真偽のほどはわかりませんが

日本でも大手家電量販店や飲食店などで仮想通貨による決済が出来る店舗が増えています。

また海外では仮想通貨で税金を収める計画もあるようです。

近い将来、

どんなお店でも仮想通貨が利用出来、紙幣や硬貨が姿を消す日が来るかもしれません。