この先の未来について考えてみる

この先、もしも円やドルがなくなり仮想通貨だけの世界がやってくる事があるとしたら…

そこにはどんな世界が待っているのか!?

キャッシュレスの時代がやってくる

仮想通貨がこの先世界中に浸透し、人々が現金をもたなくなると当然お店からレジが消える事になる。

消費者はお店に入り、商品を選びお店を出る。全商品に値段がタグ付けされていて、お店を出る時に自動で清算されるようになるのだ。

実際に今でも、Amazonは、Amazon goというお店を出店している。現実にキャッシュレスの時代はそこまで来ているのだ。

また、現在の日本では円の独占状態だが、仮想通貨が普及していくことによって、通貨の競争が生まれることになる。

支払いの際に、所持している仮想通貨の中で最もお得な仮想通貨で支払いする事が出来、お店によってどの通貨を使えばお得かという状況が、すべてのお店で起こるようになってくるのだ。

実はこの状況も既に始まっており、DASHという仮想通貨を使えばAmazonの全商品を通常よりお得に購入できるのだ。

銀行の消失

紙幣や硬化がない事により世界では、現金を盗まれる心配もなくなり、お金を銀行に預けるという概念がなくなっていくことになる。また、給与振込や送金などお金のやり取りは、全て自分のアプリで可能となり、すると必然的に銀行の存在が必要なくなってしまうのだ。

実際、三菱東京UFJ銀行が今後10年で1万人削減を検討というニュースも出た。銀行業界は危機感を募らせている。

一方で不便なことも予想される。為替の乱高下が激しいため、物の値段も乱高下する。そのため、仮想通貨の価格は常にチェックしないといけなくなるのだ。

仮想通貨社会の将来

この先、お金をオンラインで管理することによって、お金の流れも管理されてしまう事になる。普段の買い物や、年収、果ては学歴や職業、犯罪履歴などの個人情報からその人の信頼レベルを数値化。

その時いくら所持しているではなく、それまでの信頼レベルによって受けられるサービスが変わってくる世の中が来るかもしれない。そんな世の中が来ると、人々はお金ではなく、信頼ポイントを稼ぐ時代がやってくるかもしれない。

実際にこれも中国で始まっている。キャッシュレス化が日本よりも進む中国では、芝麻信用(チーマしんよう)というアプリが存在し、スマホを使ってその人の行動を分析し、350~950点の間で信頼度を評価。その点数によって引越しの敷金が不要となったり、ビザが発行しやすくなったりするそうだ。

将来、一体どんな仮想通貨社会がやってくるのか、楽しみである。