【酒好き・のんべぇ必見!!】仮想通貨SAKE(酒コイン)

酒好きのお酒好きによるお酒好きのための仮想通貨があるのはご存知でしょうか?

その名も酒コイン(SAKE coin)

SAKE(酒コイン)ってww

とりあえず、SAKE(酒コイン)について特徴や将来性をまとめてみました。

SAKE(酒コイン)って?

SAKE(酒コイン)はERC223規格に準拠したEthereumトークンです。

「お酒好きによる、お酒好きのために」をコンセプトに掲げ、好きなお酒を自分たちで造り上げることを目標としております。

また、酒屋・居酒屋でSAKECOINが決済手段として利用できるよう、提携先を広げていきます。皆で楽しいお酒作りを実現し、楽しくお酒が飲める場所を提供します。

SAKE(酒コイン)の特徴
  • 国産の仮想通貨
  • お酒好きのための仮想通貨
  • 発行枚数が少ない1satoshi上場方式

SAKEはその名の通り「お酒好きのためのお酒のための仮想通貨」です。

お酒好きの仲間や自分のこだわりのお酒を自由に作り、お酒の時間をより楽しむために発行されました。

SAKECOINは利用できる酒屋や居酒屋などの提携店舗を増やして様々なお酒の場での決済手段として使用できるように普及を続けています。

また、コミュニティの特徴としてお酒好きな人が集まっており、アルコールに関する雑談が活発に行われています。

将来的にはコミュニティから誕生したお酒の販売や流通、製造工場の設営や運営なども計画されています。

SAKEはイーサリアムをベースとしたERC223トークンのためスマートコントラクトが搭載されています。

そのため生産、販売、流通全ての取引の流れをブロックチェーン上に記録したり流通の自動化などをすることも出来そうですね。

SAKE(酒コイン)基本情報

通貨名 SAKE
公開日 2018年6月
最大発行枚数 100億枚
(200億枚バーン済み)
公式サイト https://www.sakecoin.info
ディスコード こちら

SAKE(酒コイン)の将来性・今後

モナコインやZNYなどの国産通貨は日本人ホルダーからの人気が高く、コミュニティパワーが強いことが有名です。

特にモナコインなどはコミュニティのパワーや開発力で価値をじわじわと伸ばし続けています。

SAKEコインも同じように国産通貨として日本人からの支持を大きく得られる可能性を秘めています。

コミュニティが強い通貨は長期的にも成長する可能性が高いので、開発が順調に進めば時価総額も大きく上がるでしょう。

しかし国産通貨は日本語のドキュメントや案内が多い反面、英語の情報発信力が弱くなってしまう側面があります。

日本人だけでなく、海外のホルダーもどこまで集められるかが重要になりそうです。

ちなみに、SAKEは2018年7月に法人登記を行い「SKC株式会社」によって運営されています。

過去にはNANJなども法人登記によって価格を大きく上げた過去があるため、

法人化というのは信用面で大きな後押しとなるのではないでしょうか。

SAKE(酒コイン)の取引所・買い方

※SAKEは現在日本円で直接買うことはできません。

国内の取引所でビットコインを購入し、以下の海外取引所で交換することができます。

SAKEを買うまでの手順
  1. 国内の取引所でビットコインを買う
  2. CoinExchangeにビットコインを送金
  3. ビットコインでSAKEを購入

国内の取引所登録は、セキュリティレベルが高く海外取引所へのビットコイン送金手数料が無料のビットポイント(BITPOINT)がおすすめです。

是非、酒好きやのんべぇの方は購入してみてはいかがでしょうか??