日本初の規制機関である金融庁(FSA)は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)の新たな規制を導入しようとしているという地方紙の報道によると、「情報源」を挙げて、この新しい規制措置は、投資家を詐欺から守ることを目的としている。

米国SECがICOを行う前に地元の米国企業に登録を求めるのと同じように、FSAは、地元の日本企業がICOを通じて資金を調達することを義務付けています。新たな規制措置を実施するために、FSAは、2019年1月に開催される今後の議会で、まず法案を提出する必要があります。

JIJIは、「ICOへの個人投資をより良くするためにICOへの投資を制限する方法」として、新しい規制が「可能性のある不正なICO件数の多くを考慮して」来ると述べている。これらの新しい規制は、むしろ一般的にICO市場への日本人投資家の全体的なエクスポージャーを削減する。

ICO市場規制 – グローバルシナリオ

ICO市場における規制は、日本だけではないことに注意してください。今年は、世界のICO市場から複数の詐欺や詐欺事件が発生した後、いくつかの国々が最終的に規制立案を開始した。今日、CoinSpeaker は、暗号に親しみやすいアジアの国シンガポールが、テロ資金とマネーロンダリングの問題に対処するためにICOのガイドラインをどのように更新したかを報告しました。

最新のガイドラインの発行は、シンガポール中央銀行(MAS)によって現在管理されている証券法の概要を提供します。先月11月、MASは、更新された証券ガイドラインを含む新しい決済サービス請求書(PSB)を導入した。それは読む:

「デジタル決済トークンやデジタル決済トークンの交換を容易にするサービスを提供する事業を運営する者は、ライセンスが必要であり、AML / CFT目的のためだけにPSBの下で規制され、 AML / TFのリスクに対処するための政策、手続き、統制を実施しています。

一方、韓国は2017年9月に昨年、完全な禁止を導入した後、再びICOの立場を改正し、市場を合法化するために公開された。

フランスは欧州のICOハブになる計画を持っており、フランス当局は 2018年初頭に起草された法的ICO枠組みを  受け入れている。この枠組みは投資家に保護手段と保証を提供する。

先週、米国証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン会長は、ICOトークンを有価証券として扱うという議論の長い議論について語った。「トークンでベンチャーに資金を調達する場合は、セキュリティであるという前提から始めなければならない」と指摘した。クレイトンはまた、投資家にトークンを投てる企業に助言を語った。「あなたが「SEC」と言っていることと、あなたのベンチャーに投資していることを言っていることとの間にギャップがある場合、それは始めるのに適していない」